JT65、そしてインターフェアが出たかもしれない…

朝一で3回目の試験電波を発射。

ひとまず電話は鳴らなかったので、最悪の事態は来ませんでした。

21MHzで北米方面がとっても開けているようだったので、そのままバンドをワッチ。オクラホマの局が59で入ってる。
ワッチした時特にカントリーの指定がなく、またCQでからぶってたのでパワー100のSSBで一発コール…フォネティクス付き一回コールで一発でピックアップしてもらえました。21でWは実は初めてかも。昔使ってたアンテナ、21は水平偏波になってたのではないかな?

むかし使ってたアンテナは、21は28に比べて海外にとばなさすぎました。VK、KH6、HLくらいしか飛ばなかったです。Uゾーンすら…

今回は一発で行ったのがびっくり、レポートも59。その後聞いていたら局によってレポート変わってるので、お世辞ではなかった!と信じたい。

その後USの国内指定になったみたいでした…

そしてそのままJT65。

14,21をうろうろしつつ、夕方まで楽しみました。21MHzだと、日中はグランドプレーンでも、ノイズがS2以下に落ちます。これ、普通ですか???

24/28だとメーターふらないくらいのノイズレベルです。

JT65は北米、南米、オセアニア、アジア、ヨーロッパと今日だけで20局くらい。なんて楽しいの?HFばんざい!

午後になって、近所に調査票回収に行ってきましたが、一番近いお隣さんで、ネットワークの調子がおかしいとか。ひかりの宅内のモデムに、電源かLANケーブルから電波が乗っているっぽいです。一階のモデムから二階に10m以上の長さで二本LANケーブル引いてらっしゃるそうで、これってモデムを中心にエレメント長20mだから、7MHzに同調してるかも?

パッチンコア(フェライトコア)を持参して、電源とLANケーブルに取り付けさせてもらいました。これで様子を見ます。ダメだったら、FT240#43にキャンセル巻きした秘密兵器を持参します。

自分はアンテナの真下近くで(屋根越し)ラジオ二台(一台はtecsun 2p3!)、そしてパソコンでネットアクセスしつつ、携帯二台の電波状態確認してましたが、全然インターフェア無し!

あ、それから、今更ですが、初めてWARCバンドにもオンエア。18のSSBです。
SSBの音、久々に聞くと懐かしいです。
QSBがある電話。いやー懐かしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中