従事者免許証の再交付

なんだか、このキーワードでいらっしゃる方が最近増えているようなので、一筆。

紛失などで再交付を受ける時は、申請が必要です。
紛失の場合は古いのを見つけたら、古いのを返納する必要があります。

昔の形式だと
アルファベット3〜4文字+あたまゼロ無しの連番
だったと思いますが、最近の番号は数字は5桁で、頭にゼロを詰めるようです。
交付される免許証の番号は、基本的には同一で、最後に再交付を示す-2とかの数字が付きます。

再交付を受けて上記の番号の形式に変わっても、局免の方は同じ免許の扱いらしく、基本的には届け出なくても良いみたいです。心配な方は各地方の総通に確認を。

手続きは、再交付を受けようとする従事者免許証の交付を受けた地方の総合通信局に申請します。

申請書は各総合通信局のホームページからダウンロードできます。PDFを原寸で印刷して使用せよとあります。
他に返信用封筒を同封の必要があります。
申請料は確か2,200円。そして、写真が1枚必要です。写真を貼る枠の大きさを確認して印刷が正しくできているか確認すると良いでしょう。
ちなみに、私は封筒とか準備するのが面倒で、CQ出版社が販売してる申請書を使いました。

プラスチックの従事者免許証になっても、磁気ストリップもICもあるわけではなく、英文記載されてるくらいしかメリットないかもです。紛失じゃ仕方ないですけど。

また、古い電話級、電信級の免許証は、それぞれ4級、3級に読み替えてくれますので、訂正箇所がそれだけなら訂正不要です。名前が変わった時には必要書類を添えて提出を。

それから、もし、再交付を受けたい理由が、プラスチックのが欲しいから、という場合。今お持ちの資格が2,3,4級でしたら、この機会に一つ上を取得して新しい免許証をゲットしてはどうでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中