FT817ND用自作デジタルインタフェースとターボハムログ

先日作ったやつ、秋月のFTDIのUSB-232C変換ケーブルを使ってますが、どうもハムログと合わせて使うには、PTTを切らなければダメかなあという感じ。

先日のパッチで38,400kbpsがサポートされたので、周波数取得とかはばっちり高速なんだけども。

JT65-HFでは問題なくPTTが効いているので、ハムログとは論理の正負が逆なんだろう。ドライバーレベルで切り替えられるならそれも考えるけど、FTDIのROMを書き換えるのは面倒すぎる。
データのコネクタを抜いてしまうというのもなんだか。

となると、フォトカプラーの前にトランジスタ一個入れて反転させるしかないかなあ、スイッチで切り替えることにして。あるいはフォトカプラーへの配線を切り替えるのがいいかな。

いまはカプラーのVCCの側にLEDを入れていて、RTSがLに落ちるとVCCからLED,カプラー、RTSへと電流が流れるんだが、FTDIの方のVCCからは供給が50mAまでなのであんまりデバイスを通したくない気はするのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中