DX keeperへターボハムログからデータを移す

例によってADIFで移したいデータを作成して、QSOのインポートを実行するだけです。

ただし、ハマりましたので備忘録。

書き出すデータに日本語を含めない


ひょっとしたらエンコードをUTF-8にでもすれば良いのかもしれませんが、日本語でQTHや名前が入っているログレコードを書き出すと、書き出したそのままのデータでは該当レコードを認識してくれません。

ハムログで書き出した件数とインポートした件数がかみ合わず悩みましたが、日本語が悪さをするようです。

わたしはエディタで開いて日本語をローマ字に書き直しました。

わたしの件数程度(インポートしたのは1年分、1000件程度)で、しかもJT65/9中心ならその後でDX keeperでデータを直しても大した数では無いと思いますが、長年お使いの方は海外交信のみに限定し、JAは申請に使うものだけにするとか、WPX程度とする事にするのが良いかも。

あと、インポートの時は重複レコード削除するように設定した方が良いです。

グリッドはコンファームするまで入らない


みたいです…もちろん、手動で入れたり、オンラインコールブックを参照して入れる方法はありそうです。

WASの自動トラッキングには計上するmyQTHの設定が必要


…それに気づくのに丸一日かかりました。
結局今はハムログとDX keeperの両方を起動して、両方にロギングしてます。

中国の地域名略称でハマる

LoTWと同期すると中国のディストリクト名がアルファベット2文字の略称で入るのですが、DX keeperでは、数字2桁のコード管理なので、データ集計でエラーが出て気分が悪いです。入力ツールにもバグが多いようです。日本のJCCコードなどはきちんと動くのですが、テストしたり利用してる人が少ないという事なのかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中