シュペルトップの不平衡電流

不平衡電流がどういう経路で流れることになっているのか。

同軸ケーブル使用のシュペルトップで短縮率をどうするのかという話がいつもでてきます。

短縮率派(67〜50%)は同軸本体の短縮率、あるいは外皮を込みにした同軸の短縮率ということです。一方で物理長1/4波長(導体の短縮率97%とか)という説もあります。

同軸の短縮率は、そこに流す信号が伝送路として芯線と網線を通る場合に効いてくるパラメーターだと理解しています(たとえば分岐導体の場合には不平衡電流は同軸を伝送路としていないので短縮率は導体としての短縮率となっているはずです)

JI3CSH局のブログに原理の解説図があります。


http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/703548/587346/74149505

この図面を見ますと、不平衡電流は、アンテナ側の中性点からグラウンドを経由して送信機に戻り、同軸外皮網線を通ってアンテナの給電点に向かっています。シュペルトップは、アンテナの手前で表皮効果で分岐させて、(電気長)1/4波長のオープンスタブでトラップさせているわけです。

問題は、そこに同軸ケーブルの短縮率が効いてくるかどうかです)。

この図の通りの不平衡電流の流れとすると、網線とグラウンドで形成されるグラウンドのループが不平衡電流の流れ道となっていて、芯線と網線による伝送路を通りません。ということは、ここには同軸ケーブルやその外皮の外側に網線をかぶせた時の短縮率はかかりません。

OMは、不平衡メーターを作成されていて、2m用の25cm(1/4波長かける0.5)程度の長さのシュペルトップを実験されて、効果なしという測定結果を書かれています。

http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/703548/587346/74518810

このことから考えると、やはり、1/4波長に導体の短縮率(97%)をかけた物理長が正しいと思えるのですが。

シュペルトップの不平衡電流」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中