不思議なウォーターフォール

6mのJT65に出るようになってから不思議な現象があります。

下記のようなウォーターフォールになることがあります。

不思議

これは同じ局のCQの送信ですが、真ん中に映っている回だけ、なぜか数十ヘルツ程度下にさらに下に向かって下がって行く信号となっています。

これはWSJT-Xのウォーターフォールなのですが、HB9HQX版でも同様ですし、実際の信号を聞いていてもビートが聞これますので、少なくとも受信段の検波前で起きている現象です。また、上と下では発生していないので、いつも発生するわけではありません。

このウォーターフォールではわかりませんが、他の局の信号も受信しているときには、この症状が起こる局と起こらない局があります。

原因がわかりません。ドップラーシフトの様にも見えますが、通常は下にさがるだけなのでそれだけでも変ですし、ましてや数十ヘルツのシフトを起こすようなドップラーシフトってどれくらいの速度が必要でしょう?

これが出るとたまにデコード不可能になることがあります。

 

そして上記は50.2764にQRGをセットした状態です。赤く太く見えているのはLANからの漏れのようです。

これらのせいでプリアンプを入れるとノイズレベル3~4程度となっています・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中