JT linker行方不明を直す

症状はJT linkerのウィンドウがどこにも見えなくなるという状態です。

JTlinkerがイベントハンドラで何か不具合があって、何らかのイベントを受けたときにあやまった値をジオメトリに書いてしまい、それがアプリ初期値として .ini ファイルに書き出されてしまいます。

この初期化ファイルはここにあります:

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\JA2GRC\JT_Linker

実際には「ユーザー名」には皆さんがお使いのログイン時のユーザー名が入ります。

また普通ドライブはC:だと思いますが、それ以外のドライブにWindowsをインストールしているとDとかEの場合もあり得ます。

エクスプローラーからだと、オプションで隠しファイルやシステムフォルダなどを表示するオプションをオンにしていないと表示されません。

 

行方不明になってしまったときの対応です。

エディタで上記のフォルダにあるJT_Linker.iniファイルを開き、最初の方にある内容を手で修正・保存します。

私の場合はこんな内容になっていました。

[Window Positions]
Left=-32000
Top=-32000
Width=160
Height=39

まず、左上の位置が-32000, -32000です。さらにWidthxHeightが160×39と、これはタイトルバーの最小サイズだと思われます。これを適当な数字に直してやります。

LeftとRightは、たとえばそれぞれ100に

WidthとHeightはとりあえず800×500程度に。

[Window Positions]
Left=100
Top=100
Width=800
Height=500

書き換えたら同じ名前で上書き保存します。(.txtが付かないように注意)

これでJT_linker.exeを開き直すと画面の左上に、ちょっと大きめ?に表示されるはずです。

位置とサイズを適当にドラッグして修正して、一度終了して保存してやってください。

以下は開発者の方の掲示板に匿名で書き込んだ内容とほぼ同一です。

開発者の方向けです。

これが発生しないようにするにはイベントハンドラ内でジオメトリの操作で何かおかしな事をしていないかを調べる必要があります。あるいは、初期化の過程で何らかのエラーが起きて前回保存を読み損ねた結果、変な値が入っているとか、値の更新保存時に変な値が入れられてしまっている可能性があります。

対処的には、 /missing_reinit とでもいうコマンドラインオプションを作って、これがあると初期値ファイルを上記のような適当な値に再初期化してくれるようにしておくとか。(エクスプローラーで上記 .ini ファイルを表示させる方法をご自身で思いつかない方には、エクスプローラーのオプションを変更してください、とは言いがたいので、バッチファイルなどで簡単に直せるようにしておくのが安心です。)

もしくは、なんのイベントで起こっているかわからない場合は、起動直後の初期化の最後でウィンドウ位置がマイナス・大きさが所定の大きさ以下の場合に、「ウィンドウの位置と大きさの設定に不具合が生じたため、位置と大きさを修正しました」などと数秒で消えるダイアログを出した上で、強制的に書き換えてしまうかです。

 

ユーザー側の対処方法としては、少々危険ではあるのですが、sedやperl/awkなどのツールを使ってこのファイルを書き換えてしまう(上でテキストエディターを使って、といっている操作を、ストリームエディタでやってしまう)方法もあります。

 

ひょっとしたら .ini を削除するだけで済むのかもしれませんが、消してしまうとその他の設定も全てやり直しです。

 

また、もしsetupをクリックしたらウィンドウが行方不明になる場合は、多分これ:

[SetupDialog]
SetupLeft=338
SetupTop=444
SetupWidth=616
SetupHeight=524

を直せばよいはずです。

広告

JT linker行方不明を直す」への4件のフィードバック

  1. こんばんは。

    C:\Users\ユーザー名\AppData…

    は、環境変数を使って、

    %USERPROFILE%\AppData…

    と書くといいかもしれません。これなら、OSのインストールディレクトリやユーザ名の注釈は省けます。
    環境変数を知らないとわかりにくいですけど…。

    いいね

    1. こんばんは、コメントありがとうございます。

      普段自分でやるならばawkあたりをつかってちょちょいと書いてしまうのですが、awkをインストールしてもらうのもまた面倒な話なので、どうするのが簡単か迷っています。

      お書きの通りにユーザーディレクトリは、アップグレードを繰り返しているパソコンの場合には、確か\Users\ユーザー名 となるとは限らないので、環境変数を使う方が良さそうですね。

      アプリの .ini ファイルなのですが、一度正常に動いていれば、それほど内容を細かく修正するファイルでもないので、sedやawkよりも、ファイルそのものをコピーしておいて復活させる方が早いのかもしれません。

      昔のedlnのようなコマンドをdosに用意しておいてほしいものです!

      いいね

  2. わたしもJT_linker起動時に、画面の外に行ってしまったことがありました。
    昨年9月30日にBBSに書き込みましたが、わたしの場合は、
    TOP=32000
    LEFT=-32000
    でした。

    これとは別にセットアップで保存したにもかかわらず、
    filePathHqxLog=\jt65-log.sqlite 
    となっていたので、の部分を正しいと思われる
    filePathHqxLog=C:\Program Files (x86)\jt65-hf-hb9hqx-edition\JT65-HF-Appfiles\jt65-log.sqlite
    に上書き保存したこともありました。

    最近はパソコンが固まってしまって強制終了した時以外は、うまく動いています。

    いいね

    1. 根岸さん、
      開発者の方の掲示板で拝見しました。
      そしてフリーズの件、私のところでもハムログとJTlinkerでたまにフリーズすることがあります。あとで開くとハムログにデータの一部が入っているような事が多いです。ハムログの側で固まっているような感じですね。その場合は後でDXlabの方から手打ちでログを入力したりしています。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中