475kHz帯の変更申請について北海道総通に質問してみました

等価等方輻射電力(EIRP)が1W以下(アンテナの形式や出力は例えば下記のPDF記載の内容を満たす)、200m以内に民家がないか、全ての民家の同意が得られていること、などの条件がついている475kHz帯。

http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/material/pdf/135and475tai.pdf

北海道総通の管轄で免許を受けている局は4局いらっしゃいました。

手続き的にどうなってるんだろうと思ったのでホームページから質問。

前提条件として、1. 20W以下の送信機に20W以下の付加装置(トランスバーター)をつなぐ、2. EIRPの条件を満たす、3. 200m以内の民家の条件を満たす場合です。

質問は

  1. 申請後の手続き・検査等のながれ
  2. 既に免許を受けている局が公共の場所で許可されている場合に許可された運用地の情報の開示可否
  3. 北海道総通管轄外に移動運用したい場合の手続き(たとえば関東総通管轄地域で移動運用する申請をする場合、北海道総通に出せば良いのか)

2番ですが、これまで許可された運用地のうち、公共の場所(国有地等)で無線運用が禁止されて居らず、立ち入り許可が不要な場所がある場合、それを教えてくださいという意味です。

お返事があれば要点をまとめて別途、ブログに書きますね。

2017/02/18追記

5日経過しましたが返信は今のところ無しです。

 

 

広告

475kHz帯の変更申請について北海道総通に質問してみました」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中