H29年8月期の1アマ国試問題

まだ落ち着いて全問しっかり眺めた訳ではないのですが、今回はH28/12やH29/4よりは楽な問題が多かったようです。新問っぽいのはPSN方式のSSB生成とかπマッチの調整方法などでしょうか。

また今回もQが関係する問題が2問出ていたようですね。H28.12の様な帯域幅と関連させたものではないので、今回は正解にたどり着いた方も多かったのでは。

さて、今回の合格率がどれくらいになったかが気になりますね。毎年、3回目の試験(12月期)は、年度毎の合格率の帳尻を合わせているような傾向があると思うのです。つまり、前2回で多ければ問題を難しく、少なければ問題を易しめに。

もちろん、問題そのものの難易度ということでは、毎回ほぼレベルが揃っているのですが、新問がどれだけ出るかとか、新問で使う計算式などが既出問題でどれだけ問われていたかなどによって、「合格点を取る難易度」は変わるとは思います。今回はまだ新問がどれだけ出たのかキチンとチェックはしていませんが、このところ「合格点を取る難易度」はかなり調整されているようですから、しっかり対策されて受験されますよう・・・

 

追記:

さっきもう一度、今度は少し解きながら問題を眺めてみましたが(2回目)、新問ということでいえば、2~3問では収まらない数があったかもしれませんね(受験からほぼ3年経過して、過去問の記憶が薄れていますw)。ブリッジの全波整流の電源回路の問題、前に出てたかなぁ?など。そう考えると、今回の合格率はH28.12よりは高い物の、H28.8以前よりは低い、おそらく40%程度の合格率かな?と想像しています。

Qの定義式の4択は今回は楽勝でした。矛盾する選択肢が2つあって、そのどちらが間違いか、を考えるだけで良いわけですから。

πマッチの調整のは、真空管時代のリグをお使いの方だと、その調整を思い出せば解けちゃったかも知れません…

何はともあれ、今回合格の皆様、おめでとうございます。

残念な結果だった方は、また次回に向けて苦手ポイントを是非攻略されますよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中