DX labs commander 13.1.6は必須更新です

昨年末リリースされた最悪のアップデート、DX labs commander 13.0.8 (少なくとも私のところではFT450DもIC7100も制御不能になりました。ひょっとしてフラグのtrue/falseが逆だったのではないかという懸念が)の問題を解消するリリース、13.1.6が本日公開されたようです。

年末からDX labsのcommanderが動作しなかったり、WSJT-Xなどから制御不可能だった方、至急アップデートをあててください。

私のところでは、少なくともIC7100は以前の様に動作するようになりました。

FT450は遙か彼方の北海道にあるので試せていませんが、msgのストリームに対する反応が似たようなものだったので、多分FT450でも動くようになることでしょう。

しかしリリース前にキチンとテストしてないんかいな???

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中