7MHzだけ低出力でもで起こるハードディスクレコーダーへのインターフェアの件続報

型番失念していますが、Aquosと連動するシャープ純正の3チューナーのレコーダーです。購入は確か2016年の秋位、その頃の型落ちモデルかもしれません。

もっと古いAquosやそれと一緒に買ったハードディスクレコーダー(HDD500GB位?)では全く問題が出なかったのに、その新しいレコーダーだけ、テレビアンテナから10mは離している状況で、15Wを超えたあたりからAGCのためか受信状況が悪化します。

そこでV/Uの分波器か何かで対策しよう、というのが数日前までの話でした。

昨夜Twitterで相談したらCATV用の雑音流入阻止フィルターがちょうどよさげという話がありました。

BS/CS帯で挿入損失が少し大きい(4dB位)ですが、10MHzあたりで40〜45dBは落ちるようです。

問題は最近はもうこれを作ってるところがないらしいというあたり。オークションなどで5000円くらい使って8つ確保しました。

今度帰省したら試して見ます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中