XHDATA D-808のセカンドインプレ(最終回?)

そんなに書くネタもありませんので、インプレッションはとりあえず2回目の今回で最後です。

月曜日(祭日振り替え休日)、夕方に近場に野暮用を足しに行ったときに持ち出してちょっとだけ聞いてみました。JST1900-2000前後です。

SSBの受信

日が沈んでちょっと時間も経っていましたので、ロッドアンテナで受信しやすそうな40mbはもう全然聞こえませんでした。3.5MHzでLSBにて受信。

SSBだと確か2.2kHzあたりの帯域幅に設定されるのが標準だったと思います。この手のDSPラジオ、帯域が2.2kHzといっても0-2.2kではなくて、多分0.3-2.5kHzあたりの帯域になっているんじゃないかと思います。

最近の国内局は2.5kか3kセパくらいで並んでますのでステップチューニングでslowの1kHzにしてスイープすると丁度良い感じでした。たまたま1エリア局が出ているのを2箇所で受信できました。周りに建物があるようなところだったのでこんなもんかと思います。ヘッドホンで聞く限り受信音は普通。聞き取りづらいことはありませんでした。

その後ちょっと7074でUSBモードに切り替えたところFT8の信号が聞こえました。そのうちパソコンにつないでデコードさせてみたいところです。

自動チューニング(ATS)

このラジオにもバンドスキャンからの自動プリセット機能があります。

メモリーは10個x10ページ x 4バンド(?MW/FM/SW/AIR?)があります。FMとMWはいいとして、問題はSWです。なんとSWの帯域全てが対象になります。SWでスキャンさせる方は注意してください。

自動プリセットは、バンドを設定した後、そのバンドのキーを長押し。

実は私、FM放送はあえて60MHz台から108MHzに設定しました。ノイズが多いようなとこだったので色々ゴミが混ざりました。Esのシーズンになったら都度でスキャンさせることになるかと思います。常用する周波数はページの後半(9とか10あたり)に手動でセットするのが良さそうですね。

MWでは実は100chもあると900kHz近くの帯域を設定できてしまいます。実際には1100kHzくらいありますけど、そんなにメモリーさせても仕方ない気はします。100ch一杯だと9kHzでステップチューニングしてるのと変わらないわけでwいつも聞く局と、パイロットにしているような局を入れるのがいいんじゃないかしら。

 

川崎でHBC釧路局が聞こえました

関東でBCLしていたことがほとんどないのでどんなものかわかりません。

HBC釧路は1404kHzでありまして、これはSBS(静岡放送)と同じ周波数です。9kHzセパになる前も両者とも1400kHzでしたから、北海道に居た中学生時代もSBSを受信できたことはありませんでした。またこちらに来てラジオを聞いていても、1404でHBCが聞けた記憶がありませんでした。そんなにマジメにBCLしてた訳でもないんですが。

1287kHzのHBC札幌があまり強くないのを確認し、STVの1440が結構強力だったので少し低いあたりで1404kHzを聞いてみたらHBCとは別の番組・・・多分これがSBSです。今回はHBC釧路を狙ってみました。実家からだと送信所がわずか数キロでアマ無のリグの受信機能でも前後18kHzはシャリシャリうるさいような強さなんですが・・・

ラジオの向きを慎重に変えてみると、静岡放送らしき電波を指向性のヌルの方向に追い込めます。するとHBCと同系列の番組が聞こえました。(1287kHzと比較)

混信局は別系統の番組でしたので、これが5kWのHBC釧路でしょう。ちょっと感動です。カスカスでしたけど。

 

ケースでの持ち運び

附属のポーチ、ラジオが丁度入る大きさではあるのですが、このラジオ、ボタンロックをかけていてもライトボタンが生きているようで、あんまり圧迫するとバックライトでバッテリーを消耗するかもしれません。

安いので良いのでデジカメ用のポーチとかPC小物用のポーチを買うとよさそうです。

 

総評

まぁ結構大きいので日常持ち歩くサイズではないですけどね。チューニングはPL310ETよりやりやすいし、エントリークラスのラジオとしては値段相応で良い感じと思います。超高性能ってわけには行きませんけど、普通に受信する分にはそんなに差が付く物でもありません。

ヨーロッパやアメリカならFM放送のデータ放送サービスで日時設定とか出来そうですが日本国内ではその機能が無駄です。オフにできればいいのに、と思いました。

動作的に「あれ?」という部分も確かにあります。まぁ値段も値段ですから細かいことは言いっこなしで。昔のBCLラジオより格段に便利です。また選択度などを考えてもスカイセンサーとかクーガより進んでます。(ああいうラジオの方が操作感があっていいかもしれませんが)です。

エアバンドとかSSBでのアマ無の受信にはいいんじゃないかと思います。また23MHzあたりを使って50MHzのクリコン作ってみたらEsシーズンは面白いかもですね。

9000円程度以下で入手できればお勧めです。10000円超えるようなら見送ってもいいかも。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中