GW総括

10連休+1で北海道に帰省していました。アンテナはオールJA前に今回はHF用のバーチカルと6m用のアンテナを上げました。

5/4の6mオープン

1530から急に国内全部開けた感じで、FT8で6〜7エリア全部QSOできました。8エリアはローカル局と、お互いに8のこりだったのでコールしてワンディAJD完成しました。

CQ出さずに延々呼ばれたりして中々凄いことになってました。

その外、よくEBしている方等と51FMでエリア超えのラウンドをしたり、中々楽しかったです。

それら全部込みでこの日6mだけで106QSO(1530-1930)位でした。

その時に取ったウォーターフォールのキャプチャです(50313,even送信、北海道から)。

FreeDV

お誘いいただき久々に送受信しましたが、オープンのタイミングやこちらのやりたいことと微妙にタイミングがずれていてあまり参加できずでした。

中波のアンテナ

ループアンテナに同調部とそこからラジオや無線機への出力を付ける計画でした。が、実家について荷物開いたらケースやポリバリコン、スイッチ、ケース、フェライトバーが見当たらない…

昨夜自宅に戻っても見つからないということは買い物直後にどこかに忘れた?

それでガサゴソと探したら前にアンテナチューナーを作るために集めていたパーツが見つかり、それを流用しました。

同調は上手くいきましたが、どうも出力インピーダンスが低く無線機への接続はあまり芳しくない感じでした(適当なワイヤーをつないだ方が信号レベルが高い)。ノイズは少なくて良かったのでミズホ通信のアンプ回路のコピーでも付けるかとも考えてます。

6mのアンテナ

昨年スリーブアンテナを作ったので、それ用のインピーダンス変換トランスを試しましたが、クオドラファイラ巻のトランスを1:1の伝送路と組み合わせる形で作った物は今ひとつ残留インダクタンスが大きくあまり良くなかったです。

それもあって急遽直角二等辺三角形のデルタループ(長辺を斜めに張る)を作りました。1:4タイプのバランは伝送線路タイプの基本のやつ(FT114-43に5Tずつ平行巻したのを二つ使用)。設計値では50300あたりで1:1.1位になるはずでしたが、巻き尺が無くて30cmの物差しで1m長を測ってそれを元にエレメントをカットしました。ポンと上げた時点で52MHzあたりに同調していて50.3でも1.6程度だったので今回はそのままとしました。

OV PWRを24で送られるの巻

何日だったか、24が結構良く開いた日がありました。今回のアンテナはエレメント約9mあるので、24/28で使うとメインローブの打ち上げがかなり高くなります。Esにはそれが良かったのかもしれませんがOV PWRと、名無しさんから名指しでw

精々20Wを上記の長さのアンテナに入れただけで、そんなにパワーを入れてたわけではないのですが…EIRPなら多分八木に10Wより下です。打上角の差かと思いました。

KX3

どうも実家の周りのノイズ環境と相性が悪いのかFT450でほぼメーターが振れないノイズがうっすら出ている状態でKX3につなぎ替えるとメーターが3〜5位振れる始末。それで今回は送信しないで持ち帰りました。

あと、BNCレセプタクルのところが少し緩んできたので、締め直しが必要です。トランスバーターボードが邪魔でちょっと面倒です…

広告

GW総括」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中