WindcampのKX3用バッテリーボックス

去年から買おう買おうと思ってたWindcampのKX3用バッテリーボックスを購入しました。18650×9本を3×3にして使い、バッテリ容量はパナの3400mAhのやつなら10000mAh超です。

KX3と817の電源端子にパワーポールアダプターを付けたので、バッテリーボックスからパワーポールで引っ張ればどちらも同じケーブルで接続出来ます。ケーブル作らねばならないのですが。

eBayでよく見かけていたのですが、去年の11月にAliで安いとこ見つけてwishlistに入れ、やっと買ったんですが、その安いとこのはバッグ無し。バッグはeBayでオーダーして別に購入しましたが、トータルではeBayでWindcampからかうより1000円くらい安くなったかな?

問題はバッテリー本体で、国内のアマゾンあたりではそんなに安くないんですね、パナソニックの奴。保護が入ってない65mmの奴が必要で、RADIWOWの公称3000mAhの2本組を取りあえずで10本購入し、パナソニックっぽいのを使ってそうなのを中華業者にオーダー。それでも国内で買うよりちょっと安い。

さて、1本余ったのでそいつの容量を測定してみると…(Zanflare C4)

1本500円でこれくらいなら許容範囲。

実は忘れてたけど去年の夏にもこれを6本買っていて、その時の測定値では2850mAh前後でした。まあ良心的な部類かな。

そしてKX3の底面へのマウントでちょっとはまりました。

ボックスの組立に必要なアレンレンチ(六角レンチ)はキットに付属していますが、KX3に取り付けるには、本体サイドパネルを少し浮かせる必要があるのでプラスドライバーが必要。そして、脚を外してマウント用の治具というかヒンジの片割れを潜り込ますのですが、マイクコネクタの側に脚の代わりに入れる時、FL3を取り付けていると、潜り込ますときに基板に干渉します。

それに気付くのに数分w

上蓋を外すとなると今度はサイドパネルはあまり緩めたく無いので今度は締め直し…あたふたしました。

アンテナコネクタの側は、ほんの少し基板をこすってしまう程度で潜り込ませられましたが、もし予算に余裕があって最初から買うことが出来るなら、キットの場合は最初に組み込むの推奨です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中