Kenwood

アマチュア無線に最初に興味を持った頃に、地元の電気屋さんでアマチュア無線機を扱っていたお店の店頭で全機種のカタログをもらってきたことがあります。子供相手だし、一部ずつもらっていってもまあ文句は言われなかったw

トリオ、八重洲、井上。短波を聞いていたので、HF機に必然的に興味が向かいます。当時はまたICOMはHF参入前だったので、520、900、599、101のはもらいました。301はあったかな?

中でもトリオのカタログ(実機は店頭に出してなかった)を見て憧れたのが599ラインでした。感度とかは520の方がいい数字が出てましたけど。

その頃からのトリオファンです。

いや、でしたというべきか。

無線から離れていた80年代中頃はKENWOODの3ヘッドのデッキとKT1100だか990だか忘れた…そんなチューナーでエアチェックしてました。

さて、5年前に無線に復帰したら、どうもKENWOODの元気が無い。そしてなんせ無線機の値引きが悪いので割高感もある。それで私のところにはこの5年で八重洲とICOMとアルインコの無線機だけが増えて行きました。(例外はKX3)

昨年のハムフェアの頃にTS890が発表になりましたが、性能はいいけど、これまた値段が…現用のHF機より上のクラスのがほしくて検討していましたが、ほぼ消去法でIC7610に気持ちが決まってました。知人の購入も多かったし…値付けも良いところに落としてるし、デュアルだし、I/Qも出てるし、受信性能の数値も7300より上だし…それで一度今年の3月に買いかけたのですが、よんどころない事情で半年先送りに。いや先立つ物なんすけどね。

ハムフェアで値段調査して、ほぼ買うのを決心していたところでグラつき、TS890の方に転んでしまいました。デュアルとI/Qのところは何か工夫が必要ですが…TSの800番代に復帰です。悔い無し。KENWOODさん、アマ無から撤退しないでね!

これから納品ですが、開封の儀は多分年末近くにずれ込みます。これからしばらく、時々てすが、手続きとか上記の問題の解決策の探索とか、書いていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中