再開局:移動しない局を開設する方へ:電波防護基準について

2アマ以上で50ワットを超える局を申請する方は自動的に移動しない局になります。

あるいは50W以下でも移動しない局として申請される方もいるかもしれません。

移動しない局で申請する場合は、移動する局で提出を免除されていた、電波防護基準について基準を満たしている事を示す資料を提出する必要があります。(ただ、すべての無線局で「電波法第3章に規定する条件に合致する」という項目にチェックをつけて出しているはずなので、50W以下の移動する局でも、自宅など固定位置で運用されている方は気にした方がいいと思います)

昔はTVIの調査をして報告していたと思うのですが、最近では、健康への影響がないように基準を満たす必要があるというわけです。

どんな基準かというと

早い話が、出力電力とアンテナの設置状況から、人体が悪影響を受けないと考えられる状態にあるといえるための基準です。

このあたりのページにある情報をお読みください。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/ele/pr/

バンド(周波数)と、出力、アンテナのゲイン、それから人が立ち入ることができる位置でもっともアンテナに近い場所までの距離を使って、電界強度/磁界強度/電力束密度が安全の基準内であるということを、最初は計算で、計算でだめな場合には実測値で、示す必要があります。

アマチュア無線の電波の危険性を心配されて検索してこちらへ来た方へ:アンテナが近すぎて心配という方は、最寄りの総合通信局に相談されるとよいと思います。

計算の準備をします

前に「免許状が来る前と来てから」に書いたページから情報を再掲します。

“再開局:移動しない局を開設する方へ:電波防護基準について” の続きを読む

広告