JT65/JT9入門の2: とりあえず受信してみましょう

前回は私の環境での実績を紹介して、さらにQSLとかアワードの話などを簡単に追加で記しました。

それをみなさんの手元でも確認できると1番わかりやすいと思いますので、まずは受信してみるのがわかりやすいと考えます。

メニューとか画面表示が英語なのでとっつきがわるいかもしれませんが、以下、このシリーズでは本家とも言えるWSJT-X(これを書いている時点での最新版は1.6ですが、そろそろ出てから半年になるので1.7RCが来ても良さそうです)を使います。

JT65は約180Hz程度の帯域を使うモード、JT9はさらに狭い30Hz程度の帯域を使うモードで、後者の方が数デシベル程度S/N的に有利なようです。

WSJT-Xの特徴

  • HF〜50MHzでよく使われるJT65モードとJT9モードの両方が使える(他にも自前ビーコンとも言えるWSPRや、EME?などで使われるらしいJT4モードなども使えますが、このシリーズでは取り上げません)
  • JT65では他のアプリと比べて信号の被りに少し強い
  • デコード結果にお化けが少ない
  • 本家なので送信内容の解釈結果などはこちらがスタンダード
  • 便利な機能は少し控えめ

WSJT-Xの他には、よく使われているものには次の3つがあります。いずれもJT65のみ対応です。

  • JT65-HF …開発が終了しており今後改善の見込みはない。混信に弱い。
  • JT65-HF HB9HQX版 …上記の独自性発展版。最近混信に強くなりつつあり、弱い信号のデコードには強いが、一部形式のメッセージのデコード結果が怪しかったりお化けが出ることがある。
  • JT65-HF comfort …ドイツの局により発展版が作られている前記JT65-HFの改良版です。ほとんど使ったことがないのでインプレは割愛します。

CQ誌の連載ではJT65-HFをまず取り上げているようです。
今後混雑も予想されますし、JT9に普及してほしいという希望もありますので、このシリーズではWSJT-Xを取り上げます。
また基本的にwindows版を取り上げます。linux/mac版もWSJT-Xそのものの操作や機能は同一ですが、オーディオデバイスや周辺ソフトのラインナップが異なります。現状ではwindows版が充実しています。

事前準備

必要なもの

  • パソコン(2012年頃以降のcore i3 CPU以上が良いと思います)
  • 受信機と必要に応じオーディオインタフェース
  • 受信機とパソコン(またはオーディオインタフェース)をつなぐケーブル

もし、pskやSSTV、またはAFSKでRTTY運用するためのインタフェースをお持ちならそれをそのまま使えます。
また2010年頃以降に出た無線機なら大体はUSBケーブルだけでパソコンと接続できると思われます。
もう少し古いリグだと、無線機からのオーディオ信号をパソコンに繋ぐためには、オーディオのケーブルが必要です。
スピーカー端子からパソコンのマイク/ライン入力にケーブルをつないでください。

リグをUSBでパソコンに繋ぐ方法はリグの取説を参照してください。
デジタル通信用のインタフェース(例えば八重洲のSCU-17など)の場合は、インタフェースの取説を参照してください。

この回では送信のための制御までは行いませんので、オーディオだけパソコンに取り込めれば十分です。

“JT65/JT9入門の2: とりあえず受信してみましょう” の続きを読む

JT65/JT9入門の1:状況やら飛び具合やら

2014年の暮れ、現在のサイクルのピークが過ぎて下り始めた頃からJT65を使い始めて、かれこれ1年半経過しました。今後はハイバンドのコンディションは下っていくところですが、それでもたまに大きくDXがオープンします。

運用は北海道からと神奈川から行っています。

雑誌では「QRPでも海外と交信できる」とよく書かれていますが、本当でしょうか?

以下、あくまでも私の経験の範囲で、書きます。

 

ケース1:北海道からの運用

具体的には道東の、釧路というところにある実家からの運用です。年に数回帰省したときに運用しています。年間に数週間~1ヶ月強といったところです。

設備は・・・リグは100W機、アンテナは給電点がぎりぎり屋根上、7mH程度のバーチカルで、給電点にオートアンテナチューナーを入れ、カウンターポイズを数本~10本程度はったアンテナです。

エレメントの長さは21MHz用の5/8λになるようにしています。移相ラインを経てATUに入れており、この状態で7MHz~24MHzはSWR1.5以下にチューニングできます。28MHzは移相ラインをショートするとマッチングがとれますが、ほとんどオンエアしていません。

昨年2015年のコンディションでは、このアンテナで 40mb/30mb/20mb/15mbで、アフリカとQSOできています(※)。40/20/15mはWACが出来ました。30mは南米(意外に出会わなかった)、17と12mbはアフリカを残しています。
余談ですが、2015/10には40mbで1day WACが出来ました。
https://jh8jnf.wordpress.com/2015/10/30/40mで-1day-wac-jt65jt9/

(※)アフリカは一部のエンティティを除いてJT9/65の運用局は少ないようで、よくQSOできるのが南アフリカとかFR(Reunion Island)です。それ以外は出ていてもたいていパイルアップです。

そして20mb/15mbなどでは、北米の東海岸ともQSOできており、上記の運用日数でWASが37wkd/cfmです。

出力は20~30Wですから、よくいわれる「10Wで海外と十分やれる」とすると、ちょっとパワー出し過ぎかもしれません。

もっと高いところに3~4エレのビームを上げている局なら、仮にゲインが8dBあったとして、これは約6倍ですから、3~5Wあれば東海岸やアフリカとも十分にできるということになると思います。

デジタルモードだと、リグの定格の1/3~1/2が物理的な限界出力となりますから、しっかりしたビームアンテナがあれば3アマの出力でも余裕、フルサイズGPがあれば3アマでも20~25W出力で十分にWACが出来ると考えます。

 

ケース2:神奈川県からの運用

いわゆるアパマンです。高層マンションではなく、すりばちのような地形のところで、ベランダに2m程度のホイップもどきを突き出して運用しています。50Wのリグで、大体15W(まれに20W近くまで押すこともある)です。

この環境でも、国内なら7MHzの10Wでおつり、コンディションさえよければ、南米北米は余裕です。ヨーロッパもそちら方面に開けている方なら可能と思います(アパマンだとベランダが南向きで北東・北西には飛ばしづらい)。

ノイズレベルより低い信号レベルでもデコードできますから、それなりに海外もQSOできます。

ただし国内外と交信して感じるのは、つくづく、こちらはアンテナQRPだということです。ほぼ-10dB程度は違っている感じです。

もっと高い階にお住まいの方や、同じアパマンでも屋上にアンテナを上げられる方ならもっと飛ぶはずですよ。昨今、アンテナも上げづらいようですが・・・(昔のアンテナハンドブックなどを見ると社宅団地の屋上にはらせてもらったとかみかけますが)

 

もちろん相手がとても良いアンテナを使っていれば、ですが、私の場合もCQにイングランドから応答があったことがあります(15mb)。

ただし、QRPで運用される場合は、いいアンテナを使った方が良いと思います。ベランダホイップに2.5Wなどだと、アジア近隣以外はきついと思います。それでも昨年2月頃はまだコンディションも良かったので、21MHz 2.5W+ベランダロングワイヤでのCQに北米から応答があったこともありました。

 

国内の運用やQSL

CQ誌のおかげと思いますが、今年に入って7MHzなどでは国内局を随分と聞くようになりました。

よく国内同士でQSOしているのは40m/15m、ついで17/10/6mあたりだと思います。もちろん20mbや12,30mbでも国内QSOはありますが、どちらかというとコンディション的に海外が聞こえない時間帯に多いように思います。(VKすら聞こえないという時に多い)

私はやっとJT65でのWAJAまで残り3つとなりました。JCCはwkdだけなら150程度になりました。

カード交換は、国内の方は比較的カードを送ってくださるようです。

eQSLやLoTW(Logbook of the world)での交換が多いのですが、海外局でも結構QSLカードを送ってくれます。こちらから出してみたものへの返信率はこれから調査です。

 

アワード

アワード特記でJT65というものがJARLからはでないようですが、デジタル特記になりますし、これからは国内アワードもそれなりに楽しめそうです。

海外といえばDXCCだと思いますが、eQSLでの独自アワードのDXCC相当のものを見ると、SSBやCWでは100エンティティ到達してる局が数千あるのですが、JT65特記がついているものは現在まだ#100程度です。ローパワーで飛んでくれますが、相手局がいないエンティティが多いというのはどうにもなりません。またペディションでの運用は珍しいです(パイルになると、1交信に4~6分もかかるモードでは、パイルが収まるまで裁ききれないし、周波数的に団子になるともはやデコードできない)。

偶然ペディション局をゲットした例としては昨年のベトナムからの運用がありました。今は固定運用局がいるのですが昨秋はペディション局くらいしかなく、運良くCQ一発目でコールできた私はQSOできたのですが、その後2.5kHzの上から下までベトナムを呼ぶ局だらけになり、その後は一日数局だけしかQSOできなかったようです。(RTTYのOPが暇な時にちょっと出ていた、という感じっぽかったです)

紙のアワードの他に、上述のeQSL独自のアワード、それからQRZ.comのアワードなどを追いかけている方も結構多いようです。

他にグリッド交換をほぼ確実にやりますので、Grid LocatorのMaidenheadをおいかけている人も少なくないと思います。

 

魅力は

環境なりに、コンディションなりにそこそこ交信を楽しめると言うことだと思います。再開局したが全然QSOできないということはないと思われます。ただし、誰でもいつでも海外とQSOというわけにはいかず、またパワーも最初の方の実例で書いたとおり、フルサイズGPで20~30W程度あれば海外も楽しめるというところかと思います。

これでもやってみたい!という方がいらっしゃるようならこれからシリーズ化して書いてみます。