デジタル通信のための変更届の「その2」

さて、これから変更届の書き方に入っていきます。

最初に免責事項を記載させてください。

「本ブログに記載の情報等に基づいて諸手続をされることで、免許を受けられないケース、本ブログでの情報の誤りに起因する手続きや書類の不備があった場合でも、最終的な責任は、申請者である本ブログの読者の責とし、本ブログを執筆しているJH8JNFの免許人は一切の責任を負いません」

つまり、申請者の皆さんの自己責任、Use at Your Own Riskとして、このブログに記載の情報をお使いください。

また誤りや不備などがあれば、修正していきたいと思いますので、コメントなどを残していただければ助かります。

2015/01/11追記

本日付で1.9MHz帯でF1Bを発射する届け出を出しました。

このブログエントリーの内容からは大きく変更ありません。バンド毎の発射形式をまとめた表で、1.9MHz帯のところにF1Bが追加になるだけです。(PSK,JT65はすでに電波形式としては届け出済みだったので)

ここまで2015/01/11追加

まず運用するモードを決めましょう

念のために書きますが、デジタル系の通信でパソコンを接続する場合は、SSBまたはFMまたはAMの変調信号としてパソコンで生成したオーディオ信号を入力して信号を発射します。

“デジタル通信のための変更届の「その2」” の続きを読む

広告

デジタル系のモード:変更申請の1

今回は、パソコンを接続して行うデジタル系の通信モードについての変更申請のお話です。

DVとかD-STAR, Wiresのような一般的なデジタル音声モードは含みません。

(FreeDVとか、そういうモードはこちらに入りますが・・・)

私も最近になって調べたので、超メジャーなモードしか把握してません。

大まかにまとめると、よく使われているのはこんな分類になるようです。

  • RTTY
  • SSTV
  • PSK
  • JT系
  • パケット通信、ファックス

RTTYとSSTV, ファックスは70年代でも一部の上級局が使用されていたモードです。

当時は2アマ以上が必要でしたよねぇ(遠い目)

現在では、モールス通信以外、4アマにも解放されています。

以下軽く各モードを紹介します。が、運用の実際やサンプルなどは長くやってらっしゃるOMさんのページやyoutubeなどを探してみてください!

“デジタル系のモード:変更申請の1” の続きを読む