475kHz帯の件、回答がありました。

質問はこちらのエントリーに書いてあります。

475kHz帯の変更申請について北海道総通に質問してみました

いただいた回答メールから転記します。あくまでも北海道総通からいただいた回答ですので他の総通では話が違う場合もあるかもしれないことを前置きしておきます。

 

質問の1

・上記のような場合、変更申請後に試験電波発射の許可を得て試験成績書を提出した後、当局や事業者による点検などの変更後の検査はございますか?また、もし検査が発生する場合の手数料等は通常の落成検査と同じでしょうか?

 ⇒既設送信機にトランスバータ接続(20w以下)のため、検査不要です。

質問の2

北海道総通管轄内で、2017/02/12現在検索出来る範囲では、475kHz帯の指定は4局(札幌で3局、音更で1局)が受けているようですが、475kHz帯の運用が公共の場所で認められたケースがある場合、その運用地についての情報をご開示いただくことは可能でしょうか?

(たとえば、○○川流域で○○郡○○町のxx公園に隣接する地域、等)

 ⇒当方から運用場所の内容、住所等は公表しておりません。

  住所と運用場所が異なる場合、運用場所での運用が可能な旨の証明書等、資料の提出を求めます。

 具体的には、運用場所が自己所有地の場合は、自己所有を証明する書類。 

 自己所有地以外の場合は、運用可能な証明書、許可証、承諾を得ている旨の文書などが該当します。

質問の3

・北海道総通管轄の移動する局の免許(例JH8JNF)で、国内の北海道総通の管轄外地域(例えば関東総通管轄の地域)での運用を行いたい場合、手続き的には、北海道総通に申請後、総通間で運用地の確認や依頼による検査等が行われるのでしょうか?

 ⇒検査は不要です。

  475KHzの運用は、その運用場所が北海道外の場合、北海道総合通信局にて管轄局と連絡を取り、運用場所の確認等の対応を行います。

とのことでした。

QSLカードのデザイン中

昨年12月に急に関東を離れて名古屋でしばらく仕事をすることとなり、年末までに印刷してJARLに送るつもりだったカードが貯まってしまっています。返信カードも入れて多分200〜300枚くらいになっていそうです。

ハムログでデザイン面も印刷してきたのですが、紙とインク代で結構な金額になります。そこで安い印刷通販の会社を使ってみることにしました。QSLカード印刷のメニューがないところですから、デザインは自分でやるということになります。(印刷通販だと4色オフセットに光沢紙のハガキが1000枚で2500円程度でできるところがあるようです)

“QSLカードのデザイン中” の続きを読む

475kHz帯の変更申請について北海道総通に質問してみました

等価等方輻射電力(EIRP)が1W以下(アンテナの形式や出力は例えば下記のPDF記載の内容を満たす)、200m以内に民家がないか、全ての民家の同意が得られていること、などの条件がついている475kHz帯。

http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/material/pdf/135and475tai.pdf

北海道総通の管轄で免許を受けている局は4局いらっしゃいました。

手続き的にどうなってるんだろうと思ったのでホームページから質問。

“475kHz帯の変更申請について北海道総通に質問してみました” の続きを読む

MacBookでDX keeper/DX Viewを使う

あまりスマートな方法ではありませんが、ハムログを使うのにEasyWineなどのWine系のアプリを入れた状態で、DX keeperを使えなくはないということがわかりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-11-16-24-40

(手元にあったDX labのデータなどのバックアップが2016年のGW頃のものだったため、ログやSpot Collectorのデータ(の一部)はその頃までのものになっています)

手順や更新の手順が面倒なので、簡単な説明だけで使える方向けと思います。要点だけ記します。

  • DX labsのサイトから個別のインストーラー・アップデータをダウンロードしてくる。(http://www.dxlabsuite.com/download.htm )
  • Launcherも動くが、なぜか最新版(これを書いている時点で 2.10)はアップデータが見つからない。
  • DX Viewのデータベースファイルを入れないとDX keeperでエンティティなどの集計ができないのでインストールした方が良い。
  • インストールは、DX keeperとDX viewの古いバージョンをまずインストールしてから、それぞれの最新版のアップデータをあてること。
  • DX viewではデータベースの更新版は別途インストールする必要がある。ダウンロードして展開したファイルがアーカイブのディレクトリ内にできるものがある(例DXCC.mdb)ので、手動でコピーする。
  • Launcherや、DX viewのアップデータはEasyWineではまともに動かない。
  • Launcherなどいくつかのアプリでは、インストールディレクトリ名が、いつかのアップデートで変更されているが、EasyWineの上でアップデータを動かしてもフォルダ名の変更などは行われませんでした。ターミナルなどで手動で変更(統合)する必要があった。
  • DDEでIEなどをつかっているものは当然動かない。Pathfinderはあまり役に立たないかも。
  • WinWarbler/CI-V Commanderは動作未確認。起動はするようだが、実用性等は不明。

スレッド管理かプロセス通信などに何らかの問題があるためと思われる。アップデートがリリースされたら、手動でダウンロードして適用する必要があるので、EasyWineなどでDX labsを使うのは万人にはお勧めし難いです。それでも何らかの理由でMacでDX keeperを使う必要がある場合など(出先で入力しておきたい)は使うしかないですね。

DX viewのマップの表示やマップのクリックもとりあえず動いています。関東に置いてきたPCからDX labsのコンフィグ類を今度もってきて、全部いれてみます。

近況

相も変わらず、/2で名古屋にいます。

4月からは別の現場で関東に戻れそうです。近日中には確定しそう・・・

それから、QSOパーティ後は、大体ですが、週に1〜2局くらいQSOしています。先週くらいからD-starでレピーター経由のQSOで遊んでいます。最も近いレピーターが3km以内、室内でも受けはメーターフルスケールという状況です。名古屋大学430を聞いていることが多いです。

ニューイヤーパーティのステッカーとか、1月分のカードが関東には届いているはずなのですが、手に取れるのは来週末くらいになるかな。その頃、また関東に1〜2泊で戻る予定です。