DX keeperのOQRSのダウンロードボタン

紙QSLのリクエスト対策にOQRSをenableにしているのですが(JAみたいな雑魚エンティティにわざわざリクエストが来ることも無かろうとたかをくくっている)、たまーにリクエストが来ます。年に1,2件。

DX keeperの方でinbound OQRSの処理ができますが、カード発行をDX keeperではやっておらず、ハムログで印刷になるので、来たOQRSは、手動でハムログにマークをつけています。年に1,2件ですから作業としてはこの程度で十分。

さっき、JH8JNF/2のコールをClublogに追加したときに、1~2ヶ月ぶりにOQRSを確認したら1件増えてました。(ギリシャから、17mb/JT9)

さて、これをどうやってDX keeperに取り込めたっけ、と久々なので忘れていて、思い出すのに20分。

手順はこんな感じ。

  1. 複数のコールをClublogに登録している人は、DX keeperのQSL configのClublogのところで、対象のコールにセット。たとえば私の場合は関東のPCではJH8JNF/1のコールをセットしてあることが多いのですが、JH8JNF宛ての場合にはClublogのコールをJH8JNF/1からJH8JNFに変更する必要があります。
  2. そして次にOQRSの確認ボタンをクリックするのですけれど、このボタンはQSLのタブではなく、Progressのタブにあります。他のQSL管理はeQSL/LoTWやQSLそのものの印刷を含めてQSLタブにあるのですが、inbound OQRSだけはProgressにあるのです。これが分かりづらい。
  3. もしログにマッチするOQRSリクエストがあれば、DX keeperのQSLカードのステータスが “R” (requested)に変わります。いちいち検索するのは面倒なので、ステータスが変わった物は、QSLタブで”Add Requested”をクリックして「発行のキュー」に積んでやれば確認ができます。
  4. DX keeperで印刷もしている方は、そのまま印刷すればOKです。送付方法もB(uro)とD(irect)がステータスに入りますから確認してください。
  5. ハムログなどで印刷管理している方は、手動でハムログの方にJマークを入れるなりして対応を。その場合、ハムログにQSLの印刷情報を写したら、DX keeperのログエントリーでは「発行済み」の”Y”に変えておくと良いと思います。次にOQRSでinboundのものがあった時に、同じように印刷キューに追加してみるとリクエストの有無がわかりますので。

DX局のカードでよく見る、シールを貼る形式のカードにするなり対策すれば良さそうなのですが、まぁ枚数が増えてから考えればよしとします。年間1~2件じゃあんまり時間かけて自動化しても、ね。

今週末は関東に戻る予定ですが…

折しも寒波襲来で、名古屋でも最低気温がマイナス4度、そして降雪の予報が土曜に出てます。
関東から帰ってこられなくなったらどうしよう?

さて、少々暇を持て余しているので、買ったっきり作ってないキットや、組み上げたがコイルのコアを回しすぎて外しちゃった奴のリペアなど、名古屋にいるうちにやろうかとも考え中です。

以上近況まで。

名古屋市内で移動運用(名古屋港ポートビル)

遠くの山の上へ、というほどの移動ではなく、関東でもやっているお手軽移動の良い場所を探すことにしました。先日のNew Year Partyで20局QSOするのにほぼ二日間かかりましたからねぇ…

まずはグーグルで「名古屋 無線運用」みたいにして見つけた名古屋港ポートビルへ。

名古屋港駅の3番出口だったかから徒歩5分です。釧路という一応港町出身なので、港にくると何かほっとします。国内でも海外でも。

ポートビルの7Fが展望台、地上から50m以上の高さがあります。

IMG_5870.jpg

正面(海側)から撮ったので展望台の長さ方向と一致してますから展望台がよくわかりませんねw

この展望台がほぼ南北方向(NNE〜SSW)になっていて、この北側の端に行くと陸地方向に相性が良さそうでした。

以下個人的な所感です。

  • 展望台入場料が300円かかるのが残念
  • 駅から近い(5分)
  • お客さんはパラパラと。都内の文京区シビックセンターより、単位面積あたりだとまばらだが、展望台の周長が短いので1分に1組くらい通り過ぎる。
  • 名古屋〜岐阜方向を狙うか三重方向を狙うかで展望台の南北変えた方がいいかもですが、北の方がまばらな感じ(海が見える南側の方が人が多い感じ)
  • 飛びはいい。相手さえ居ればばっちり(CQ出しまくって1時間で4局しかできなかった)

 

なお、駅から来る途中、南極観測船「ふじ」が展示されていました。

img_5869

艦首のマスト上のHFアンテナです。30MHz前後かなぁ?ログペリになっているように見えました。艦内見学は確か有料。

変なフォネティクスを使おうかと悩んでいます

元旦から1/3にかけて、やっと名古屋から主に430MHz FMでオンエアしました。このところV/UのFMばかりです。

さて、関東でもこちら名古屋でも、どうも”JH8″というのがなかなか伝わりません。伝わらない理由の一つは、こちらのアンテナやらパワーがしょぼいので弱肉強食で頭の部分が潰されてしまう悲しいケースがありますが、これは仕方ありません。

そしてもう一つが、V/Uで出てらっしゃる方にとって、8エリアのプリフィクスが出てくることがあまり期待されていないためではないかと思っています。実際、JH1とかJH2に間違えられる(言い間違い含む)ことがたまにあります。

そこで考えました。北海道臭をぷんぷんさせるフォネティクス。

 

ジャパン・ホッカイドウ・8

 

どうでしょう?(残りがなかなかネタになりませんで。ジャパン・ニッポン・フォッカイドウw←少なくとも最後の文字がちょっと頭悪すぎますねw)

2016.12月期の1アマの工学の問題

2014/12の1アマの試験以来、なるべく毎回工学の問題は全部解くようにしております。全問が面倒でもA問題くらいは、と。

従来、今の形式の試験になってからは次のような事が言われていました。

  • 新問として出た問題が2回連続で出ることはない
  • 新問は出ても2〜3問程度

ところが、まず昨年4月期に出た新問が8月期にも出題されましたし、そして12月期は(どこからを新問とするかにもよりますが)、新問が5問出たのだそうです(gxkさんのサイトの情報による)。

さっと解いて私が気づいたのが3問程度だったのですが、予想以上に新問が出たようですね。

問題の難易度や要求される知識の深さという点では従来と変わらないレベルだったのですが、過去中心で準備されたいた方の中には面食らうような問題もあったかもしれません。

これから受験される方は、やはり過去問をこなすのが王道ではありますが、以前よりも理解度が試されるような出題の仕方になってきているようです。過去問を解いてトレーニングするという点には代わりはありませんが、やはり「テキストで一度出題範囲を勉強して『考える材料』を頭に入れてから」「過去問のレベルの問題が解けるよう練習する」というのが理想的な状況と思われます。

もちろん、準備に割ける時間には人それぞれ違いがありますし、試験の2週間前になっても出題範囲のテキストを読んでいるのでは準備不十分となってしまうでしょう。ですからご自身の勉強計画にあわせて、テキストを勉強する時間と過去問でトレーニングする時間とを切り替えてください。

そして、過去問を解く時も、解けない問題でいきなり正解を全部見て、そのやり方を覚えるのでは無く、「一度自分で考えてみて」解けなければ「模範解答・解説を少しずつ見ていく」のが良いように思われます。

 

新年に上級アマに挑戦する決意をされた皆様の成功をお祈りいたします。

ニューイヤーパーティ2017

みなさま、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、名古屋に来て、今日で31日目です。あと残り3ヶ月ですね。

今回、こちらにはID-51とRH770(144/430 2バンドのロッドアンテナタイプのハンディ用アンテナ)を持参しておりましたが、ベランダ設置であまり局も聞こえないので12月中はついに一度も交信しませんでした。

ニューイヤーパーティなら局数も多そうだし、と、ベランダの手すりにタオルをあて、その上に普段の簡易移動で使っている金属製本立てをベルト固定してホイップをクリップベースで取りつけてみました。

交信の両側が聞こえるケースは少なかったのですが、それでもQSOできる強度で電波がなんとか飛んだようで、さきほどやっと20局到達でございます。

思い返すと、ニューイヤーパーティで規定の局数に到達したのは78/79年以来3度目です。その当時の台紙とステッカー、実家のどこかにあるはず…それぞれ39/38年前ですから干支はかぶっていません。それも込みでなんとか達成に持ち込みたいところです。

そして、途中で30年(+2年)も抜けてしまいましたが、今年は、コールサインをいただいてから、9月で40周年となります。中抜けしているので特にお祝いはいたしませんが、記念カードでも作ろうかと考え中です。

 

本年2017年が皆様にとって明るい良い年になりますように。

北海道総通に問い合わせてみました

先日、ツイッターで、「マイクにCWの音響信号を入れてF2Aにすれば、申請や届けがいらない」という情報を見て「ええ?それはおかしい気がする」と、つい、北海道総通のウェブ上の相談窓口に問い合わせてみました。

質問の内容は

「交信することを意図して、電鍵等に接続した低周波発振器(700Hz程度)の音響信号を、F3EやJ3E送信機のマイクに入力する場合、届け出や申請は必要でしょうか?」

「同様にRTTYやPSKなどの変調信号を、交信することを意図してマイクに入力する場合はどうでしょうか?」

というような内容。

昨日回答がありまして、「CWやRTTYで交信することを意図している場合、電気的な接続の有無にかかわりなく、附属装置の届け出や申請が必要」というものでした。

総通によっても運用が違うかもしれませんが、バックノイズとして入ってくるCWやRTTY(AFSK)の変調音と、交信を意図してマイク入力するのとでは訳が違うということですね。